【高校受験2018】埼玉県進路希望状況調査・倍率(10/1現在)

埼玉県教育委員会は10月31日、埼玉県立高校への進学に関わる、平成30年(2018年)3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査結果を公表した。全日制高校進学希望者は60,366人。普通科の倍率では市立川越の3.28倍、専門・総合学科では大宮(理数)2.53倍がもっとも高い。2018年4月開校の川口市立は2.59倍だった。

 進路希望状況調査は、県内国・公・私立の中学校および特別支援学校中学部の卒業予定者について、その進路希望状況を明らかにする目的で実施。今回の調査は平成30年3月卒業予定者を対象に、平成29年10月1日現在の状況をまとめたもの。調査対象校数は483校。

 卒業予定者数の総数は、前年(平成29年)より1,135人減の65,000人。そのうち97.2%にあたる63,169人が高等学校などへの進学を希望している。卒業予定者における進学希望者の割合は前年より0.2ポイント上昇し、過去最高となった。